マニカハニーに関することで、あのUAE大学にて癌治療との大きな関わりを持っていることを研究した結果を公開しています。

 

このレポートは、まさにマヌカハニーが癌治療に活用出来るという研究が正しかったことを証明する発表と言っても過言ではありません。

 

発表された内容によりますと、皮膚ガンと直腸ガン、そして多くの女性が悩む乳ガンの元となるガン細胞の3種類を抑制させる効果が、このマヌカハニーにも存在したということです。

 

マヌカハニーを食べ続けたことにより、癌の人が効果を実証出来たという実験結果ではありませんが、将来的に大きな期待を持てる結果と言えるでしょう。

 

これから先、その他のガン細胞についても、研究が進んでいくことを心から願っています。

 

そしてマヌカハニーには、ピロリ菌を除去する効果を持っていることも広く知られています。

 

このことから、ピロリ菌が影響して発症してしまった胃炎からガンに進行してしまうを予防することが出来るようになるのかもしれません。

 

日本人というのは、その殆どが体内にピロリ菌を蓄積させていると言われており、いつ胃炎を引き起こしてしまうか心配している人も多いかと思います。

 

今までストレスが主な原因と知られてきた胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの原因も実はピロリ菌であった可能性も認められていることから、ピロリ菌を除去することで治療する方法も確立しつつあります。

 

しかし、薬を使用することなくマヌカハニーだけでピロリ菌を除去することが出来ればまさに夢の食品となることでしょう。