どうしてマヌカハニーには高い抗菌作用が認められているのかといいますと、それは食物メチルグリオキサールに高い抗菌作用があるからです。

 

最近、ピロリ菌の抗菌に対してマヌカハニーが非常に有効だと判明されてから、さらなるマヌカハニーの抗菌作用について研究が行われるようになりました。

 

このピロリ菌は、一度胃に住み着かれてしまうと、体内にしつこく居座られてしまう細菌の一種です。

 

ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、そして十二指腸潰瘍などといった病気の原因とされており、ピロリ菌を除去することが出来れば、胃炎や胃潰瘍の原因を殆ど無くすことが出来ると言われているほど厄介な細菌なのです。

 

主にピロリ菌は不衛生な状態である上下水道で感染しやすいとされていますが、実は日本人の殆どはピロリ菌に感染している状態だと言われています。

 

これは日本でもほんの数十年前は上下水道が殆ど発達していなかった時代があり、不衛生な環境の中、生活をしている人が多かったという証拠です。

 

また親が口移しをして子供に食事を与えた場合でもそれが感染源となってしまうため、中高年に限ったことではなく、子供であってもピロリ菌が居座っていることもあるのです。

 

非常に強力な胃酸の中でも死滅することなく生き続けるピロリ菌を抗菌除去することの出来るマヌカハニーは、まさに大変優れた抗菌性能を持つ食品なのです。

 

さらにマヌカハニーは殺菌性の強い過酸化水素も豊富に含まれています。

 

マヌカハニーのサプリメントで効率的にその強度な成分を体内へ摂取しましょう。